So-net無料ブログ作成
検索選択
サウンドハウス

NyanDrive[プリント基板発注] [自作エフェクター]

NyanDriveを何台か作りたいのでプリント基板を作成することにしました。

ネットで調べてみたところ海外で基板がかなり安く作れるようです。
http://www.elecrow.com/ が良さそうなので、注文方法や価格を調べてみました。

NyanDrive基板は2.54mmピッチで11x12穴なので、基板サイズは33*30.5mmになります。
elecrowでは50x50mm以下の基板10枚で$9.90という値段でしたので、これで注文すれば良さそうです。

まず基板作成アプリPCBEで図面を作成します。
片面基板も両面基板も値段が変わらなかったので、両面で作成することにしました。
出来上がった基板図面がこちらです。全てのレイヤを同時表示しているので分かりづらいですが、赤い線が半田面、緑の線が部品面のパターンで、黄色い文字が部品面のシルク印刷になります。パターンは、実際には線で囲われた部分がベタパターンになります。
NyanDrivePCBE.png 

ガーバーデータを出力すると、PCBEのデフォルトではpattern-A.grbといった名前で出力されます。

elecrowでは発注データのファイル名を指定されていますので、以下のように変更します。
Top layer: pattern-A.grb -> pcbname.GTL
Bottom layer: pattern-B.grb -> pcbname.GBL
Solder Stop Mask top: resist-A.grb -> pcbname.GTS
Solder Stop Mask Bottom: resist-B.grb -> pcbname.GBS
Silk Top: silk-A.grb -> pcbname.GTO
Silk Bottom: silk-B.grb -> pcbname.GBO
NC Drill: hole.hol -> pcbname.TXT
Mechanical layer : board.grb -> pcbname.GML
変更後、zip圧縮して、注文画面に添付するかたちで送信します。

その他住所等を入力してカード支払いを選択して、注文完了です。
送料はRegistered Air Parcelで、$4.59でしたので、合わせて約$14.5で注文できました。
以前は版下作成とかで最低でも1万円以上はかかりましたので、安いですね~

注文確認メールが以下です。

NyanDrivePWB_OrderConfirm.jpg

発送まで4-7日のようです。届くのが楽しみです[わーい(嬉しい顔)] 


nice!(197)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 197

コメント 2

hatabow

すっすごい。エフェクター作りもグローバル化してきましたね(^^)
by hatabow (2015-09-13 13:42) 

catpan

hatabowさん、コメントありがとうございます。
品質と対応は国内がいいと思いますが、趣味にかけられる金額が限られているので今回初めて注文してみました。どうなったかは次の記事でUPします~
by catpan (2015-09-13 17:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。