So-net無料ブログ作成
サウンドハウス

Catgraff 3OD [Layout] [自作エフェクター]

Catgraff 3OD  いわゆるDODさんをベースにしています。
何台か作っているので写真が違いますが正面と斜め写真です。 塗装は下地塗装後にアクリルガッシュを水で少しだけ薄めて、垂らしつつ振ったりして模様を作ります。多少凸凹になりますが、水研ぎして平らにしてから、ボデーペンクリアスプレーを小分けに何回も重ねて仕上げます。
 Catgraff3OD1.jpg  Catgraff3OD2.jpg

中身はこんな感じ。線材整形が適当ですね。Catneurもそうですが、写真撮る時くらい綺麗にすればいいのにね。
ちなみにこの人は切替SWへの線材とOUTの線材を近づけると発振するので整形に注意が必要です。
Catgraff3OD3.jpg

回路図はTinyCADで書いてます。基板レイアウトはDIYLC、基板作成はPCBEを使ってます。あとSimulationはLTSPICE。どれもフリーです、ありがたや。
それぞれこんな感じで使ってます。 これは両面パターンなので、蛇の目手配線では使えないのでご注意ください。
配線図で、基板上細く濃い色で書いているのが部品面パターンになります。それぞれクリックすると大きく表示されます。

DODcircuit.png

ほんでもって作った基板がこれです。部品面シルクに定数を入れているのでマウントしやすいです。

3ODpwb.jpg

片面手配線基板のレイアウトもUPしておきます。両面より基板サイズが少し大きくなります。3ODSlayout.png 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。